脱毛処理方法の種類

脱毛処理方法の種類

①自己処理

ムダ毛が気になるうちは、必ず自己処理をします。ムダ毛の多い人ほど、自己処理の回数や時間がかかることでしょう。
私は幼少期からずっとムダ毛が周りの女性より多く、濃くて太いうえ、肌の色が色白だったため、かなり恥ずかしい思いをしていました。
それで、ずっと自己処理を続けてきました。

主には、カミソリで剃る方法でした。でも、やはりカミソリ負けをしてしまったり傷つけてしまったりなどをして、毎回大抵失敗してしまうので、
次に電気シェーバーに変えて自己処理をしていました。

毛抜きも肌によくないので、結果、電気シェーバーでの脱毛をしていました。
でも、脱毛エステサロンがどんどん世の中にでてきた時に、絶対に永久脱毛をしよう!と決心しました。

②脱毛エステサロン

お試しで2~3店舗いきました。
自宅の最寄り駅近い場所に、価格的にも良心的なサロンがあったので、そこに決めることにしました。
脱毛箇所は、ワキ、両ひじ下、おなか周り、ひざ下、ひざ上、VIOラインをしました。

金額ははりましたが、でも多店舗と比較しても良心的だったのと、スタッフさんも親身な対応で、とても通いやすかったです。
とくにワキは、永久脱毛完了まで4年はかかりました。それだけ、一番毛の量も多くてしつこい部位だったのです。

今では、すっかりツルツルになって楽です。肌もきれいになってくれました。

③家庭用脱毛機器

今は、何種類かでています。
私も、永久脱毛を完了した後にでてくるムダ毛対策に1つ持っています。

これは、サロンと同じような効果を発揮してくれる優れものです。
しかも、サロンで処理できなかった部位にいつでも好きなときに手軽に処理できるというメリットがあり、とても良いです。

サロンに通うのが面倒でコストを抑えたい方にはうってつけの商品だと思います。

医療脱毛

最終手段の脱毛とも言えます。
エステよりさらに効果が高く永久脱毛が可能です。
参照⇒新宿の医療脱毛クリニックまとめ※料金やコースも徹底比較

値段も高いので本当に脱毛してみたい方のみおすすめだといえます。

Iラインの脱毛

Iラインの脱毛

デリケートゾーンの脱毛をきっかけに、気になり始めたIライン

数年前からデリケートゾーン脱毛が話題になってきたので、興味本位にデリケートゾーン脱毛を、エピレで始めました。エピレは、脱毛サロンでなので、医療レーザー脱毛ほどの効果はありませんが、お手軽な料金設定と少ない痛みで脱毛できるという点に魅力を感じ、選択しました。初めてのデリケートゾーン脱毛ということで、事前剃毛や恥ずかしさには、とても苦労しました。特に事前剃毛のIラインは、非常に難しく、一人ではきれいに出来ないことを痛感し、サロンで販売されているシェーバーを購入すればスタッフの方が剃ってくれるということだったので、そちらのシェーバーを購入して、毎回スタッフの方に剃毛をお願いしてからの脱毛にしました。

サロンでの脱毛効果

8回のハイジニーナコースでの脱毛を行いました。4回目くらいからVラインはだいぶ気にならなくなりましたが、Iラインだけは数週間経つとすぐに元どおりになってしまいました。毛量は多少減ったかなという程度でした。

医療レーザー脱毛への切り替えへの検討と決意

8回目の脱毛を終えて、それでもIラインのしぶとさには驚かされました。ちようどその頃から、医療レーザー脱毛についての情報がネットにたくさん掲載されていることを目にする機会が増えてきました。やはり、衛生面やエチケットの面から考える、Iラインまでしっかり脱毛をしたいと思うのが本音です。安全面や、効果のことをしっかりと調べた上で、アリシアクリニックでIラインを8回脱毛するコースを申し込みました。今後、医療レーザー脱毛の効果に期待して、頑張っていこうと思っています。

脱毛の種類と注意点

脱毛の種類と注意点
脱毛には種類があることを知っていますか?レーザー脱毛やフラッシュ脱毛、あと針脱毛もあります。
レーザー脱毛やフラッシュ脱毛はここ近年針脱毛から地位を奪ってきています。
その理由は、針脱毛はとてつもなく痛く時間がかかりますが、レーザー脱毛やフラッシュ脱毛は針脱毛と比べると痛みは弱く短期間で終わるからです。
というわけでレーザー脱毛やフラッシュ脱毛について勉強しましょう。

[フラッシュ脱毛とレーザー脱毛の特徴]

フラッシュ脱毛は別名、光脱毛とも呼びます。フラッシュ脱毛は刺激が弱くエステでよく使われています。
脱毛方法は毛根に直接光を当てて破壊することで毛を生えなくしています。
レーザー脱毛はクリニックで使われていて、脱毛のメカニズムはフラッシュ脱毛と同じです。

[レーザ脱毛とフラッシュ脱毛の違う点]

レーザー脱毛とフラッシュ脱毛は似ているようで全然違います。
まず、痛み。レーザー脱毛とフラッシュ脱毛、言葉からくみ取るに明らかにレーザーの方が強そうですよね。
その通りで、痛みはレーザー脱毛の方が強いです。
また、施術期間もレーザー脱毛なら約6回程度で済むのに対し、フラッシュ脱毛は約20回も施術を行わなければなりません。
痛みが強く短期間で終わる方がいいか、痛みは弱いけど長期間施術を行う方がいいか、好きな方を選んでください。

[脱毛を行う際の注意点]

脱毛には施術前と施術後にいくつか注意しなけらばならないことがいくつかあります。
まず、日焼けした肌にはレーザー脱毛とフラッシュ脱毛両方共施術を行う事はできません。
日焼けした肌には刺激が強すぎるので、注意してください。
次に、施術前には自分で剃ることが出来ない部位以外はなるべく自分でムダ毛を処理するようにしましょう。
脱毛を行うメカニズムは先ほど言った通り強い光を毛根に当てて破壊します。
しかし、毛根と装置の間に毛があると、邪魔ですよね。
エステやクリニックによってはサービスで剃ってくれる場合もありますが、別料金を取られるところもあるので注意しましょう。
また、施術後の肌はすごく敏感なので、刺激は厳禁。保湿して安静にしてくださいね。

顔脱毛で肌トラブルが改善されるのは何故?

顔脱毛で肌トラブルが改善されるのは何故?
顔の産毛を放っておくと毛穴に皮脂や汚れが溜まりニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。
一般的に顔の産毛は生えていても目立たないくらい薄くなっていますが、中には頻繁に処理をしなければならないほど濃い方もいます。
そんな方は、顔脱毛で気になる部分の産毛を処理することで肌トラブルを防ぐことが出来るようになります。

顔脱毛で肌トラブルが改善される理由とは

顔にニキビや毛嚢炎などが出来てしまう場合、毛穴に皮脂や汚れが詰まっていることが原因だと言われています。
毛穴に皮脂などが詰まることで、本来毛穴の外に出て行くはずの皮脂が中に溜まってしまいそれがニキビの元になってしまいます。
顔脱毛で産毛が無くなると毛穴に皮脂や汚れが溜まりにくくなるので、ニキビや毛嚢炎などの毛穴トラブルも防ぐことが出来ます。
また、剃刀やパックなどで肌にダメージを与えることも無くなるので、長い目で見るなら顔脱毛をした方が肌への負担をぐっと減らすことが出来ます。

既に肌トラブルが起こっている場合でも顔脱毛は出来るの?

軽度のニキビやニキビ跡なら脱毛は可能です。
最近の脱毛サロンでは光脱毛が主流となっており、メラニンのみを認識して脱毛する仕組みなので軽度のニキビであれば問題ありません。
仮に炎症を起こしているニキビなどがある場合でもその部分を避けて脱毛するので、多少肌が荒れている状態であっても施術は可能です。
ただし、店舗によっては施術出来ないケースもあるので事前のカウンセリングでしっかり相談しておくようにしましょう。

顔脱毛でシミや跡が残ることがある?

人によって様々ですが、決められた施術回数や期間をきちんと守っていればシミや跡が残ることは少ないです。
脱毛後の肌は些細なことで傷つきやすい状態になっているため、短期間で連続して脱毛してしまうとシミになったりしてしまいます。
と言っても、サロン側が短期間での施術を行うことはまずないのでそこは安心して良いと思います。