顔脱毛で肌トラブルが改善されるのは何故?

顔脱毛で肌トラブルが改善されるのは何故?
顔の産毛を放っておくと毛穴に皮脂や汚れが溜まりニキビなどの肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。
一般的に顔の産毛は生えていても目立たないくらい薄くなっていますが、中には頻繁に処理をしなければならないほど濃い方もいます。
そんな方は、顔脱毛で気になる部分の産毛を処理することで肌トラブルを防ぐことが出来るようになります。

顔脱毛で肌トラブルが改善される理由とは

顔にニキビや毛嚢炎などが出来てしまう場合、毛穴に皮脂や汚れが詰まっていることが原因だと言われています。
毛穴に皮脂などが詰まることで、本来毛穴の外に出て行くはずの皮脂が中に溜まってしまいそれがニキビの元になってしまいます。
顔脱毛で産毛が無くなると毛穴に皮脂や汚れが溜まりにくくなるので、ニキビや毛嚢炎などの毛穴トラブルも防ぐことが出来ます。
また、剃刀やパックなどで肌にダメージを与えることも無くなるので、長い目で見るなら顔脱毛をした方が肌への負担をぐっと減らすことが出来ます。

既に肌トラブルが起こっている場合でも顔脱毛は出来るの?

軽度のニキビやニキビ跡なら脱毛は可能です。
最近の脱毛サロンでは光脱毛が主流となっており、メラニンのみを認識して脱毛する仕組みなので軽度のニキビであれば問題ありません。
仮に炎症を起こしているニキビなどがある場合でもその部分を避けて脱毛するので、多少肌が荒れている状態であっても施術は可能です。
ただし、店舗によっては施術出来ないケースもあるので事前のカウンセリングでしっかり相談しておくようにしましょう。

顔脱毛でシミや跡が残ることがある?

人によって様々ですが、決められた施術回数や期間をきちんと守っていればシミや跡が残ることは少ないです。
脱毛後の肌は些細なことで傷つきやすい状態になっているため、短期間で連続して脱毛してしまうとシミになったりしてしまいます。
と言っても、サロン側が短期間での施術を行うことはまずないのでそこは安心して良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です